人見知りは個性ではなく、弱みだ

少し前のこと。

仕事ができる女性がこんなことを言っていた。

「仕事には自信があるけど、人見知りしちゃうから転職できないんだよね。」

 

どう思うだろうか。

結論から言う。人見知りは「個性」でも「性格」でもない、「弱み」だ。

 

飲み会で出会った人と、パーティで知り合った人と、ふと接点を持った人と仲良くなりたいと思いながら、声をかけれず、その出会いが流れてしまったことはないだろうか。

もし人見知りしなければ、よりよい企業に転職できるチャンスが掴めるのではないか。

もし人見知りしなければ、今の会社でも話ができる人が明日にでも5人は増えるのではないか。

 

人見知りを「個性」と捉えた瞬間、それは仕方が無いこととなり、チャンスを逃すことを受け入れる人生になる。

人見知りを「弱み」と捉えた瞬間、それを改善するための方法を考え、実践することでチャンスを掴む人生となる。

 

さて、君はどう生きるか。